家庭で使える、環境、人に無害な酸化殺菌剤 Oxidisers

ClO2

亜塩素酸ナトリウム(安定化酸素 stabilized oxygen)


亜塩素酸ナトリウム

NaClO2 (22.4%-25%溶液)(sodium chlorite)
注)「亜塩素酸ナトリウム」ではナイ

その人体への有用性から、ジム・ハンブル (Jim Humble) は「亜塩素酸ナトリウム」を MMS (Miracle Mineral Solution) と命名し、活用方法を公開しています。

現在は、(Master Mineral Solution)と呼ばれています。

亜塩素酸ナトリウムは薬ではなくミネラルです。
(ミネラルとは、栄養素としての無機質のことです。カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・燐・硫黄・鉄などの無機塩類。ごく少量で生理機能に重要な作用をします。)

一般に「亜塩素酸ナトリウム」は

  • 食品の殺菌
  • 飲料水の浄水
  • 医療器具の消毒

などに利用されています。


二酸化塩素 ClO2 (chlorine dioxide)

「亜塩素酸ナトリウム」 (22.4% - 25%) を水やクエン酸などで活性化させると、「二酸化塩素ガス」が発生します。

クエン酸 C6H8O7 (citric acid)
二酸化塩素 ClO2 (chlorine dioxide)

5NaClO2(亜塩素酸ナトリウム)+ 4HCl(塩酸 ※1)→ 4ClO2(二酸化塩素) + 5NaCl(塩化ナトリウム)+ 2H2O
ClO2 → Cl + 2O(発生期の酸素)
※1 クエン酸 HOOCCH2O(OH)(COOH)CH2COOHでも代用可。

15NaClO2 + 4HO2CC(OH)(CH2CO2H)2 → 12ClO2 + 4C6H5Na3O7 +3NaCl + 6H2O

「二酸化塩素」(ClO2) は、「亜塩素酸ナトリウム」と「クエン酸」などから生成される気体。
一見塩素殺菌のような名称ですが、実は二酸化塩素の分解時にできる「発生期の酸素(活性酸素)」を利用した「酸化殺菌」です。

酸素 (O2) は発生時には O の状態(イオン化していない)で存在し、このときの酸化力は、 O2 の時とは比較できないほど強力で殺菌に利用されています。


二酸化塩素殺菌の特徴

「塩素殺菌」と比べて「二酸化塩素殺菌」には、 大きく4 つの特徴があります。

  1. トリハロメタンなどの有害物質がほとんど発生しない。
    有機物の多い水の塩素殺菌では、同時にトリハロメタンなどが生成される。
  2. 塩素殺菌より殺菌力が強い。(塩素の2.6倍)
  3. 反応が早い。(塩素の約3倍)
    水道浄水での除鉄・除マンガン処理では、塩素に比べて約3倍の反応速度。
  4. pH 値に左右されない効果。
    幅広い pH 値の中で安定した殺菌効果を発揮することができます。

「亜塩素酸ナトリウム」による「二酸化塩素殺菌」(酸素による酸化殺菌のこと)の場合、有害な「塩素化合物」の生成はありません

残念ながら、日本における水道水の殺菌は、「次亜塩素酸ナトリウム」による「塩素化殺菌」であるために塩素化合物の「トリハロメタン」による「発がん物質」の生成が問題となっています。

飲料水の殺菌方法として普及しています。

  • 保存安定性に優れており、長期間に渡り安定した殺菌力を維持。
  • 酸化力が穏やかであり、野菜類を傷めない。
  • pHコ ントロールにより殺菌効果を制御可能。
  • 有機物に対する反応機構が塩素化反応ではなく酸化反応のため、トリハロメタンを生成しない
  • アメリカをはじめ、カナダやドイツ、イタリア、韓国で公共水道の殺菌浄水に用いられている。


ハリケーン・カトリーナ災害後の建物のカビ除去

「二酸化塩素ガス」を用いた建物全体のカビ除去がなされています。建物全体をカバーで覆い、「二酸化塩素ガス」を送り込みます。普通の住宅の場合、半日から1日で建物内の全てのカビ、微生物が殺菌・消滅し、悪臭も完全に消失しています。

上記の状況を伝えるビデオ
ビデオは、英語です。その中で、「二酸化塩素ガス」が「炭疽菌」(anthrax) を殺菌できるとの言及も聞けます。強力な黒カビも、全て消滅しています。


.....

活性化亜塩素酸ナトリウム液 3 滴の「二酸化塩素」濃度

  • 3 滴には、1.5mg の「二酸化塩素」があります。
  • それを 4 オンス(コップ半分)の水と混ぜると、濃度は、0.013% (130ppm)となります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional