家庭で使える、環境、人に無害な酸化殺菌剤 Oxidisers

emf

電界や磁界について

「ホットカーペットでガンになる」と題する本の中で、船瀬俊介氏は交流電流から出る電磁波の有害な影響とその対策について書いています。

そのポイントを要約します。
お役に立ててください。


まず、安全基準について

  • 磁場の強さ(磁界の強さ) 1㎜G(ミリガウス)以下、0.1㎜G以下が望ましい。
  • 電場の強さ(電界の強さ) 1v/m以下

スウェーデンの安全基準
パソコンなどのモニター画面の場合、画面から50cm離れて
磁場(磁界)は、2.5㎜G以下
電場(電界)は、25v/m以下

日本の基準
市場に流通している電気カーペットなどの磁界は300㎜Gもあり極めて問題と思います。
規制がなくコンセントにアースが取られていないので、延長コードや電気製品から生じる電場は野放し状態です。


対策

電磁波の磁界や電界は、距離の2~3乗に反比例して減少しますので、
家電製品や電気のコードから離れると、その影響はそれほど気にする必要はないと思います。

電気毛布、電気カーペットのように身に接する電化製品の場合、電磁波対策製品を使用するとよいと思います。
パソコンのように身近で接して使用するものは、アースを取ると電界をほぼ0にできます。


電界をなくす方法

日本の場合コンセントにアースがない住宅がほとんどなので、
電界をなくすためにはアース(接地)する必要があります。

その方法は、コンセントの接地側にアースをとるということです。
船瀬さんの本では、そのための商品が紹介されていますが、
お金をかけずにアースを取る方法を解説します。

注意
ここで紹介している方法は、電気を扱いますので危険を伴います。
活用する際は、十分注意深く行ってください。
分電盤からのアース線引きなどのために分電盤工事を行う場合は、電気工事士の免許が必要です。

画像の説明

必要な道具

検電器、
1.6㎜ IV単線、
わに口クリップ付より線、
ペーパークリップ、
電磁界測定器










パソコンの電界をなくす方法。

  1. コンセントの接地側を確認する。
  2. コンセントの接地側に1.6㎜IV電線を突き刺し立てる。
  3. 検電器で接地側を再確認する。
  4. パソコンのUSBポートにクリップを取り付ける。
  5. コンセントの接地側に突き立てた電線にわに口クリップを咬ます。
  6. パソコンのUSBポートのクリップに、コンセントの接地側からの線のわに口クリップを咬ませる。
  7. PCの電源を入れる。
  8. 電界強度が0であることを確認する。

液晶画面の近くはいくらか電界強度が残るPCがありますが、それでも机の上は0となっているでしょう。


画像の説明

1 検電器でコンセントの接地側を見つけます。接地側はLED点滅も音も出ません

LEDが点滅して音が出る方は、電源側です。
写真はLEDが点滅していますので電源側ということです。
通常電源側の差込口は接地側の差込口より短くなっていますが、電線のつなぎが逆になる場合がありますので、必ず検電器で確認してください


画像の説明

2 コンセントの接地側に1.6㎜ IV単線を突き刺して立てます。










画像の説明

3 1.6㎜ IV単線に検電器をあてて電気が来ていないことを確認します。











画像の説明

4 パソコンのUSBポートにクリップを取り付けます。PCの躯体に金属のねじ止めがあれば、そこにアースを取ることもできます。










画像の説明

5 コンセントの接地側に立てた1.6㎜ IV単線にわに口クリップを咬まします。











画像の説明

6 PCのUSBポートに取り付けたクリップにコンセントの接地側から来た電線の他方のわに口クリップをかまします。











画像の説明

7 PCを起動し電界強度が0であることを確認します。











画像の説明

アースをはずすと電界強度が上がることが分かります。











画像の説明

日本ではコンセントにアース端子がないので、家電製品からの電位を消すために、自分で手間をかけてコンセントの接地側に家電製品のアースを取る必要があります。











壁のコンセントからの電気の延長コードや、ACコンバータからの電界をなくす方法。

  1. 100均のアルミホイルを延長コードの下に敷く。
  2. 壁のコンセントの接地側を確認し、そこに1.6㎜IV電線を突き刺し立てる。
  3. コンセントの接地側とアルミホイルをアース線で結ぶ。(双方にアース線のわに口クリップを咬ます。)
  4. 電界が、おおよそ0であることを確認する。

家庭の分電盤からアース線を延長してきて、そのアース線とアルミホイルをつなぐと電界は0となります。

また、アルミホイルの上の延長コードのコンセントの接地側にアースをとっても電界を0とすることはできません。それは、電界をとるべき延長コードに電気を戻しているにすぎませんので変化はありません。


画像の説明

1 100均のアルミホイルを延長コード、ACアダプターなどの下に敷きます。アルミに電荷を持たせてアースします。









画像の説明

2 壁のコンセントの接地側を確認し、そこに1.6㎜IV電線を突き刺し立てます。必ず検電器で接地側を確認してください。間違えると危険ですし、電化製品は壊れます。

3 コンセントの接地側とアルミホイルをアース線で結ぶ。(双方にアース線のわに口クリップを咬ます。)





画像の説明

電界が、おおよそ0であることが確認できます。完全に0にするためには、コンセントの接地側ではなく分電盤からのアース線に接地する必要があります。画面の右にあるわに口クリップは分電盤から延長したアース線です。このわに口クリップをアルミホイルに咬ませると電位は0になります。





画像の説明

分電盤から延長してきたアース線のわに口クリップをアルミホイルに咬ませて接地をとると電位は0となります。

また、アルミホイルの上の延長コードのコンセントの接地側にアースをとっても電界を消すことはできません。それは、電界をとるべき延長コードに電気を戻しているにすぎませんので電界に変化はありません。

延長コードやACアダプターからの電位を下げるには、アルミホイルを下に敷き、アルミホイル上の延長コードのコンセントではなく、壁のコンセントの接地側か、分電盤から延長してきたアース線に接地を取る必要があります。



参考写真

画像の説明

分電盤のアース線(1.6㎜ IV単線)を引き出したところ。アースの必要なところへコネクターを用いて延長します。

アース線延長のために分電盤工事を行う場合は、電気工事士の免許が必要です。この写真はわたしが行ったアース線延長工事です。工事のプロはもっと綺麗に仕上げると思います。アース工事の費用はそれほどかからないと思います。


画像の説明

分岐に役立つコネクター、2, 3, 4結線用
3結線用が役立つと思います。アース線を分岐して別方向へ延ばすことができます。



画像の説明

アース線のついたプラグの場合、プラグのアース端子にわに口クリップを咬ましアースをとります。

家電製品(PC、冷蔵庫、洗濯機、その他)の電源プラグにアース線がない場合は、家電製品の躯体の金属部分からアースをとると電界を消すことができます。

コンセントの接地側にアースをとる場合は、接地側(電気が流れていない方)の確認を検電器で必ず行ってください。間違って電気が流れている方の電源送り側とPCなどの躯体をつなぐと危険であるとともに家電製品を壊すことになります。


土を踏むことについて

船瀬さんの本で、現代人は裸足で土を踏むことがなくなったために体にたまった電場を逃すことができなくなったことが指摘されていました。

マンション暮らしの人は、100均のアルミホイルをアースしてそれを裸足で踏めば、体にたまった電位をアースすることができます。アルミホイルの上にタオルを一枚敷くと気持よく踏めるでしょう。

そうすれば静電気を除去できますので静電気によるショックを減らせると思います。


磁界をなくす方法

磁界を無効にする方法は、電流の流れを逆にすることです。そうすることで磁力線の向きが互いに衝突することなり、磁界が消失します。

一般に、配線コードは電流の行きと帰りが一組となるため多少磁界が相殺されますが、行きと帰りが異なる給電では磁界は相殺消去されません。電界シールドが効かない場合は屋内配線の仕方に問題があります。


電磁波問題とどう向き合うか

極端な電場や磁場の影響は健康に深刻な影響を及ぼしますが、まだ未知の部分が存在し、積極的な研究が必要だと思います。

アインシュタインに勝る天才ニコラ・テスラ(Nikola Tesla)は、20世紀の初期に電磁気学の真髄を見抜いていました。彼の発明はその後の科学技術の全てを可能にしたといえます。

テスラは、接触部部の存在しない誘導モーター、交流送電、無線通信および送電、エックス線による透視撮影、リモート・コントロール技術、共振による地震発生装置、後にローヤル・ライフ医師(Royal Raymond Rife)の周波数治療器の開発を可能にした高周波を用いた治療器、高効率ポンプ、プラズマ兵器、電磁波兵器その他多くの発明を残しています。

アメリカ政府は、彼の死の際に彼の残した技術を押収し軍事兵器の開発に活用し現在のハイテク兵器を開発しました。

テスラは、電磁波の危険性と有用性を理解して多くの有益な発明を残しています。
彼は電磁波を用いてあらゆる疾患の治療が可能であるとみて、病気の治療に活用し多くの病気を治しています。

それですべての電磁波を怖がる必要はありません。

有害な電磁波と無害の電磁波があります。
現状の問題は、その識別ができていないことです。
それで、被害者が出てから改善がなされる行き当たりばったりの政策が取られています。
そこには巨大電気産業の利権もかかわり人々の福祉が踏みにじらるお粗末で悲しい現実があります。

無害と思える電磁波の一例
車はエンジンの回転によりダイナモ発電機を動かしバッテリーの充電をしています。
それで、車の中の電磁波はエンジンをかけると軽く100㎜Gを超え、磁界測定器の針が振り切れます。
長時間車を運転すると疲れますが、車中の電磁波がガンの原因になっているとは思えません。

有害電磁波の条件は何かを見つける必要があると思います。
それで、極端に神経質にならずに有害な電界や磁界の影響を減らすために自分にできることを道理を働かせて行えば良いと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional