家庭で使える、環境、人に無害な酸化殺菌剤 Oxidisers

silica

珪藻土

珪藻土(wikipedia より)

珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)である。

珪藻土の粒径、すなわち珪藻の殻の大きさは大体 100µm から 1mm の間である。粒子の形態はもとになった珪藻の種類に応じて、円盤状のもの、紡錘状のものとさまざまである。珪藻土の色は白色、淡黄色、灰緑色と産地によってさまざまであるが、これは殻の色ではなく、珪藻土に混入している粘土粒子など莢雑物の色である。

利用事例

  • 太平洋戦争中には、ベントナイトと共にビスケット及び乾パンやキャラメル等、菓子・食品類の増量剤として使われたことがあった。
  • アイヌ民族は珪藻土を「チ・エ・トイ」(我ら食べる土)と呼び、少量を汁物のとろみ付けに使ったり、山菜を和えたりして食べた。「トイ(toy)」はアイヌ語で「土」の意味だが、食用土を指す場合もあり、地名で「豊」などの漢字を当てられている場合が多い。江戸時代、飢饉の際に珪藻土が食べられることを知り、飢えのあまりに大量に食べてしまった人々のなかには、便秘に悩まされたり、糞詰まりのため死ぬ人も出たという。
  • その吸着作用を生かして,. . .

英文 wikipedia から

  • フィルターとしての利用。
    水、ビール、ワイン、蜂蜜などのフィルターとして用いられている。
  • 研磨剤として、歯磨き粉、ポリシャー(つやだし)に用いられている。
  • 害虫駆除剤としての利用。
    その吸着性により、昆虫の外殻から脂質を吸着し、昆虫に脱水状態をもたらします。その結果、節足動物は、水圧不足で死にます。ガーデニングのカタツムリ、ナメクジ駆除、またゴキブリ、ノミ、床シラミ駆除剤として活用されています。
  • 吸着性の活用。
    こぼれた油や毒性液体の吸着剤、猫のトイレ、また顔の油脂除去、美容パックとして用いられています。
  • 吸湿性、耐火性、絶縁性などのため住宅用建材に活用されている。
  • 淡水産食品等級珪藻土は、凝固阻止剤として、穀物貯蔵に用いられている。(US農務省承認)
    寄生虫駆除のために家畜の餌に添加されている。
    水耕栽培、盆栽の土に活用されている。
  • 注意事項 粉末の大量吸入は避けてください。
  • 珪藻土は、その産地、珪藻の種類、混合物、その他の要因により、それぞれ異なる特性を持っています。


珪藻土の健康における益


食品グレード珪藻土の健康に及ぼす益

1日、小さじ(ティースプーン) 1-2 杯の珪藻土を水で溶いて飲用
(ジュース、ヨーグルト、その他と混ぜてもよい)
過剰のシリカは、腎臓と腸を経て排泄されます。
(アメリカでは、大さじ(テーブルスプーン) 1-2 杯を飲用している)

珪藻土を飲用なさる場合、
便秘気味になるなら、頻度や量を加減し水を良く飲むようになさってください。
極端な使用は避け体調の変化に注意深くあってください。

珪藻土は、. . . と言われています。

珪藻土のシリカは、. . .

食品グレード珪藻土は、シリカ 89%
生命は、シリカなしに存在できません。
「水と塩」という本の中でバーバラ・ヘンデル博士 (Dr. Barbara Hendel) は、「. . . 」と述べています。

平均的な人間の体は、重要なミネラルの鉄より多い、約 7g のシリカを持っています。
十分な量のシリカは、カルシウムの吸収に必要とされます。
. . .
シリカ自体が、必要な場合カルシウムに変移することが知られています。
科学者は、シリカはカルシウムの先駆物質と見なしています。
カルシウム不足の際、体は、シリカをカルシウムに変えることができます。

xxx について、カヤラ・ダニエル、ゲイレン・ナイト (Kaayla T. Daniel, Galen D. Knight) は、「Mad as a Hatter」という本で、「. . . 」と述べています。

. . .
歯と歯茎
. . .


1ヶ月で 4-5mm 成長
. . .

粉末の吸入の危険について

  • フィルター用の珪藻土は、1000℃ 位で加熱し、化学物質を添加し、結晶化させています。
  • この結晶化シリカを長期にわたり吸入すると、珪肺症 (silicosis)となります。
  • 珪藻土の含まれる結晶シリカの安全基準は、2% 未満です。
  • フィルター用の珪藻土は、60% の結晶シリカを含みます。
  • 食品グレードの珪藻土は、0.50% で安全基準を満たしています。

シリカについて wikipedia より、

生物学上のシリカ

生物の中には、二酸化ケイ素の形でガラス質の骨格や殻を形成するものがあり、一部のシダ植物、イネ科の植物、コケ植物などのプラント・オパールや、ケイソウ類、放散虫などの骨格に利用されている。

人体中のシリカ

水溶性のシリカは人体にも微妙ながら含まれており、毛髪・爪・血管・骨・関節・細胞壁などに含まれ、特に骨形成の細胞層に集中している。生体中には約 29ppm が存在し、*** を手助けしている。成人 1日あたり 10~40mg のシリカが消耗される。現在、1日あたりの摂取量は定められていない。通常はケイ素を多く含む食品(玄米、あわ、ほうれん草、バナナ、レーズンなど)を十分摂取することで補えるが、ミネラルウォーターや健康食品としても市販されている。

人体中におけるシリカの生理的な役割

現在、人体におけるシリカの生理学的な役割に関しては、十分に研究が行われていない。

. . .

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional